大きな賞をいただきました♪

f0121591_06180478.jpg

ビバリーヒルズのフォーシーズンズホテル072.gif

ここは、映画「プリティウーマン」の舞台にもなったホテルです。



f0121591_06182869.jpg
この素敵なホテルで、主人がとても大きな賞をいただきました!


日本人として、アメリカ社会に貢献したことを評価していただいたのです。

そしてこの賞をいただいて、さらにうれしいことは
この賞の対象者をアメリカ人が選んだということです。

アメリカ人として、客観的に判断していただいたことは
とても光栄なことだと思っています。


今までの受賞者は、おこがましくてココには書けないのですが、

日本人なら誰もが知っている企業のトップや政治家の方ばかり。

さすがの主人も「こんな賞を自分がもらってもいいのだろうか?」
と言っていたくらいです。





f0121591_06183856.jpg

パーティー会場の入り口にはたくさんの美しい胡蝶蘭が。



f0121591_06190991.jpg

会場横のスペースでは、カクテルやアペタイザーなどをいただき

バイオリン協奏曲が流れています。。



f0121591_06185864.jpg

このパーティーには約500人が参加してくださいました。

写真には写っていませんが、2階両脇にもテーブルが並んでいます。




f0121591_06194560.jpg

フォーシーズンズのフラワーアレンジメントも素敵でした♪

日本をイメージしたそうです。



f0121591_06193692.jpg
主人はこのステージで受賞スピーチをしたのですが、
こういう時にするスピーチは、来ていただいたお客様にとっては短いに限る、
と4分程にまとめていました。


英語のスピーチでしたが、アンティークの話が出てきて面白かったので
簡単ですが、少しその内容を書きたいと思います。



『私が20年前、アメリカの赤字会社を任されてアメリカに赴任することになり
これから大変だとドイツ人の友人に話をしたところ、その友人が

「そんなの簡単さ! 日本人の得意技を使えばいいんだ!」

と言われたので、どんなことか聞いてみたら

「それは人のやっていることをコピーしたり、マネすることだよ」

と言われました。
私にとってその言葉はとてもショックで悔しくて
アメリカに来てからは、決して人のマネをするものかと
お金がないのでその分皆でアイデアを出して必死で仕事をしてきました。

そして会社が利益を得るようになり、アメリカ社会に還元することになった時も
ただ寄付するだけということにはせず、どうやったらアメリカ社会の役に立てるかと
いつも考えながらやってきました。

(中略)

そして今日、素晴らしい賞をいただくことができ
私にアドバイスしてくれたドイツ人の友人には、今は本当に感謝しています。


ところで昨年、妻と私はフランス旅行に行き
ルーブル系のある美術館に行きました。

そこにはマイセンの磁器がたくさん並べられていました。

マイセンは、車のポルシェ、BMW、メルセデスのように
ドイツを代表する世界的に有名な陶磁器会社です。

初期のマイセンが、東洋の白磁や日本の伊万里のデザインを真似て作られたものだと
コピーされた磁器が、日本の伊万里の食器と共に展示されていました。

私はその写真を撮って、そのドイツ人の友人にメールで送りました。

しかしながら、未だ彼からは何の返事もありません。。』



と、最後は会場は大爆笑003.gifでスタンディングオベーション!




f0121591_07562073.jpg

ロス警察の副署長さんから、バカラのクリスタルを手渡していただきました。


これは、NFL(アメリカンフットボール)のMVPの副賞として贈られているものと同じ物で
主人のために用意してくださっていたところ
バカラから買い戻させてくれないかと連絡が来たそうなのです。

でも断ってくださって、無事主人の元に来てくれました。




f0121591_06200069.jpg

偶然この日は主人の誕生日067.gif 50をちょっと超えた歳なのに
500人のお客さまの前でお祝いしてもらえるなんてありがたいことです。


このチョコレートケーキ、ココアクリームでコーティングされていて
大きくて重くて持って帰るのが大変だったのですが、とっても美味しくて
おフランスの味がしました。さすがフォーシーズンズ♪


f0121591_06202271.jpg

なんと私にもたくさんの拍手とお花をいただきました053.gif


この受賞式は日本のYahooニュースでも配信されたり
こちらの日本のテレビ番組でも放送されました。

日本の電車でもよく中吊り広告が出ている月刊誌にも
4ページに渡って主人のインタビュー記事が載ったりと
私たちを取り巻く環境がちょっと変わってきた気がしています。。



私の日本にいる友人から

「甲子園初出場の高校が、いきなり初優勝したって感じだね!」

とメールが来たのですが、まさにその通り。


主人はうれしいというより、この賞に恥じぬようにまたこれからも頑張っていかないと
という気持ちの方が強いようです。


でもでも、本当にありがとうございました!!!








[PR]
by kque-sera-sera | 2014-08-04 08:23 | ロサンゼルス