カテゴリ:セーブル( 3 )

f0121591_15213515.jpg

先日セーブルの食器の本を見ていたら、
見開きページに、私のセーブルプレートと同じデザイン画を見つけました♪

マリーアントワネットの時代のデザインだそうです。

このブログを始めたばかりの5年くらい前にご紹介したものですが、
お気に入りのプレートだったので、一段とウレシイemoticon-0152-heart.gif

セーブルなのに、お店の人が知らず
25ドルで手に入れることができた事を忘れもしません。。

f0121591_15304474.jpg

去年、フランスの美術館でたくさんのセーブルプレートを見てきましたemoticon-0159-music.gif

f0121591_15312799.jpg

どれも洗練されたかわいさがあって素敵ですね~emoticon-0152-heart.gif
[PR]
by kque-sera-sera | 2013-04-22 15:38 | セーブル

f0121591_10384715.jpg

ポンパドゥール夫人からマリーアントワネットへと受け継がれていったセーブル。
二人が力を注いだフランスの磁器の素敵な家具が、このウォレスコレクションには
さりげなくあちこちに置かれているので見逃せません。


f0121591_10434915.jpg

セーブル焼きの陶板がはめ込まれたテーブル。。。ほ、欲しい~!

f0121591_10471716.jpg

絵の中の男の子のブルーのリボンとセーブルブルーが
このお部屋に溶け込んだ甘めのインテリア♪

f0121591_1053361.jpg

セーブルらしい色合いや柄のティーセットだけでなく。。。

f0121591_10551928.jpg

この時代に流行した、両側にハンドルのついた飾り壷(花瓶)もたくさんありました。

あまりに私の好きな物ばかりで興奮冷めやらないのですが、ちょっと休憩。
f0121591_1102083.jpg

ウォレスコレクションの中庭にあるティールームでお茶しました。

f0121591_1115696.jpg

せっかく良い場所にあるのに、なんだか働いている人たちがせわしなくて
紅茶も食べ物もいまひとつかな、と感じました。
これだけがちょっと残念。。。

でもまだまだ紹介しきれないほど、素敵な展示品がありますので
ぜひイギリスを訪れたなら行っていただきたい、とお勧めします。
私自身もコレクションするのが大好きなので、本当に楽しませていただきました。
ここに来れただけでも、イギリスに来てよかったと感謝ですemoticon-0159-music.gif

イギリスの有名な美術館や建造物は、なかなか私の更新が進まないので
省かせていただいて、次に向かったフランスで、あの
f0121591_154490.jpg

Salon Marie antoinette マリーアントワネットのサロンとよばれる
マリーアントワネットのお部屋に泊まったので、
その雰囲気をお伝えできたらと思っていますemoticon-0171-star.gif
[PR]
by kque-sera-sera | 2012-02-26 10:22 | セーブル

f0121591_01481.jpg

可愛らしい妖精と天使が描かれたアンティークのキャビネットプレートです。

キャビネットプレートというのは、お皿として使う目的ではなく
飾り棚の中に飾って、見て楽しむお皿のことをそう呼びます。

f0121591_14514470.jpg

この天使の絵を描いたのはフランスのペインターさんで
主にセーブルで活躍した有名な方です。
絵がとても優しくて憧れのペインターさんだったので
その方の作品に出会えて感激です!

f0121591_14573147.jpg

こちらはリモージュの天使のアンティークプレートです。

天使は、幸福の象徴のように言う人もいますが
私は神様の使いである天使は、それぞれの行いを見て善悪を判断し、
天使にも悪魔にもなるのではないかと思っています。

天使を崇拝していた事で有名な、あのマリーアントワネットでさえ
最後はああいう形になってしまったし。。。
やはり常にフェアでありたいですよね。
いつもそうありたいと心がけていますが。。。なかなか。。
だから私は天使を見るたびに、心が引き締まります。

日曜は母の日でした。
f0121591_15131029.jpg

主人からのお花のプレゼント♪
息子は夜にマッサージをしてくれました。
息子は大学が夏休みに入り、インターンシップで週4日
メリルリンチという投資会社に通っています。

先日は某石油会社のスカラーシップに選ばれ、1万ドルもらえることになりました。
年に6万ドルの学費がかかるので、ありがたい~(しみじみ)
これが母の日のプレゼントかな?

f0121591_15222620.jpg

主人の母の写真の前にはカーネーションをいっぱい飾って
(華やかなのが好きだったので)

f0121591_1523534.jpg

私の母の写真の前には、ピンクのスイートピーをたくさん。。。

この2年で両方の母親を亡くしたので、電話もない寂しい母の日でした。
亡くなってから、たくさんの花束を贈るより
元気でいるうちに、できるだけ感謝の気持ちを届けるのが大切!
このブログを読んでくださる皆様にはそうあってほしいなと思っています。


アンティークショップなどの販売目的での、このブログの文章や写真の転載は
固くお断りさせていただきます。


ランキングに参加しています。 一日1クリックしていただけたらうれしいです。
いつも見ていただいてありがとう♪
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
[PR]
by kque-sera-sera | 2011-05-12 16:11 | セーブル