カテゴリ:アメリカンアンティーク( 10 )

f0121591_961538.jpg

久しぶりのキャンドルウィック~053.gif  
先日のアンティークマーケットで見つけました。

ボンボン入れなので、グミとかキャンディーとか、あられやボーロなどの
小っちゃいものを入れるとすごくかわいい感じになります。

f0121591_9142653.jpg

普通のキャンドルウィックとちょっと違うのは
全体にたくさんの星模様がちりばめられていること。
数えてみたらちょうど30個072.gifありました

手で彫られているので、光がキラキラ反射してキレイなんです♪

25ドルとちょっとマーケット価格としては高かったけど
気に入っちゃったので仕方ありませんよね~

f0121591_9255813.jpg

今回のボンボン入れの中に入れたのは、す~っぱいキャンディ。
カリカリと甘ずっぱくて止められなくて、次の日も買いに行ってしまいました。

ここは息子に教えてもらったお店(ヒューストン)にあるキャンディーショップです。
他にチョコレートもたくさんあります。
f0121591_932965.jpg

オールドファッションなインテリア。
好きな量だけ量り売りしてくれるし、お店の人もとっても優しいので
あれこれと選んできました♪

f0121591_934892.jpg

もう一つ、息子お勧めのカップケーキショップ。
しっとりとして美味しかったです♪

小さなお店ですが、この日はなぜかサラリーマンの男性であふれてました037.gif


* * *前回の記事に関して、たくさんのお電話やメールをいただきました。
とても驚きました。皆さん真剣に読んでくれてどうもありがとう。

いつもきれいなママでいることに目標を置いている人がいるけれど、
私はそんなことが素敵なことだとはちっとも思わない。

いつもではないけれど、ここぞという時に  
髪を振り乱して、必死に子供の為に自分の時間をかけた時期のある人こそ
子育てが終わった後輝いていけるのです。 ご褒美なんです!

子育ては永遠に続くわけではないし、
子育てが終わると一種の孤独感さえ感じて寂しいのよ~

そんな時間を持っているなんて、うらやましい限りです。
孫を可愛がるおばあちゃんの気持ちがよくわかるんです、最近037.gif
[PR]
by kque-sera-sera | 2013-07-03 10:35 | アメリカンアンティーク

f0121591_14151522.jpg

アメリカのエレガントガラス、ケンブリッジ社のコンポートです。
先週のアンティークマーケットで見つけました053.gif

おばあちゃんがご自分のコレクションを売っていて、
未使用かと思われるほどキレイな状態。
12ドル(約1000円)で譲っていただきました。

このエレガントガラスと呼ばれる、アメリカの食器類は
アンティーク初心者にとってもおススメ060.gif

まず、どこのアンティークショップやアンティークマーケットでも
ほとんど出会うことができます。

その上、お値段もお手頃。
ティーカップで20~30ドル(約2000円)、
コンポート類でも20~50ドル(約3000円)くらいで見つけることができます。
もちろん良い状態で。

古い食器などを扱う大手の会社が、だいたいこのくらいのお値段で出しているので
それに合わせて値段をつけるお店が多いようです。

f0121591_14304572.jpg

以前も書きましたが、コンポートには丸っこいお菓子が良く似合います!

ケセララお勧めの盛り付け049.gifですが
ちょっとてんこ盛りでしたね。。。

エレガントガラスはたくさんの素敵な模様がありますので、
それをひとつひとつ眺めるのも、とっても楽しいですよ~♪


ところで話は変わりますが、
去年の年末ごろ主人が足首をひねってしまって、松葉づえをついて
ロスの空港からは車いすで移動という時がありました。

どうしても日本の会議にでなければならなかったからで
国内線のカウンターで
荷物も多く足も悪いので、ちょっと手間取ってしまったそうです。
その時、後ろから

チッ、

と舌打ちする音が聞こえ、振り返ると
某芸能人だったそうです。

機内に入ると、後ろの席にその人と奥さんが座っていて
主人と目が合うと、シラン顔。

そんな話も忘れかけていた昨日、
ネットでその人の娘(彼女もタレント)が、足を痛めて
松葉づえをついている記事を見ました。

体の不自由な人にそういうことをすると、
いずれ自分や身内に返ってくるものなのですね。。。
[PR]
by kque-sera-sera | 2012-09-11 15:10 | アメリカンアンティーク

f0121591_11483229.jpg

先月のアンティークマーケットで、キャンドルウィックのキャンディトレイを見つけました060.gif

マーケットではよく見かけるキャンドルウィックですが、
この形に出会ったのは久しぶり~!
20ドルと、ここのマーケット価格にしては高めでしたが、
キャンディを乗せた状態が目に浮かんでしまったので迷わず購入しました。

f0121591_1154453.jpg

キャンドルウィックの魅力がうまく出ているデザインのプレートなので
想像してた通りカワイイ053.gif 
エレガントガラスは、食べ物を引き立ててくれますね。

次はカラフルなマカロンを並べてみたいなぁ。。。016.gif
[PR]
by kque-sera-sera | 2012-01-14 00:00 | アメリカンアンティーク

f0121591_1633040.jpg

1930年前後アメリカで流行したデプレッションガラスのレモネードセットです058.gif

先日アメリカ人アンティーク友達から、
『最近デプレッションガラスがアメリカ人ママたちの間でブームなの!
私も集めだしたのよ~♪』
という話を聞きました。
シャビーシックブームの流れで、雑誌などで紹介され人気が出ているそうです。
(50年代のビンテージなテーブルクロスも人気上昇中だそうなので
私のレースブログのほうでご紹介する予定です)

デプレッションガラスはアメリカの恐慌不景気時代、プレスガラスに色をつけて
安価ながらも明るく華やかな雰囲気を楽しみましょう、と作られた食器なのです。

f0121591_16394948.jpg

ピンク、ブルー、イエローなど色々ありますが、私はこのライムグリーンが大好き053.gif
大きさも小ぶりなので、たくさんのレモンスライスを入れたレモネードを飲みながら
お庭で読書、なんて時にはピッタリだと思います。

フタ付のビスケットジャーは、虫除けできるお菓子入れとして重宝しますよ。
アメリカだとこの4点セットで1万円以下で揃いますが
昔は景品として配られていたりしたとか?大出世ですね~065.gif

今回の日本旅行では、野球の試合も行ってきました~001.gif
f0121591_1653563.jpg

佑ちゃんが息子の名前入りで書いてくれたサインです!

今回は佑ちゃんが東京ドームで試合の為東京にいたので
息子がホテルで会うことができたのです。
その日はちょうどダルビッシュとマー君の投げ合いという日だったのですが
佑ちゃんが”すごくいい試合だから席とってあげるね”と球団に頼んで
私たち家族分3人分のシートを取ってくれたのです(感激~)
f0121591_1714344.jpg

試合後も息子に食事をご馳走してくれて、帰りのタクシー代も
運転手さんにこっそりと渡してくれていたそうなのです。

それから佑ちゃんがオールスター初出場ということになったとき
ご家族の分から私と息子にチケットを回してくださり、
私たちも初オールスター観戦をすることができました。
f0121591_17105444.jpg

当日、お母様にお礼と言おうと探したのですがお会いできなかったのです。
知り合いやお世話になった方にも、チケットを優先して渡されていたのでしょう、
自分の分も渡してしまい、一人テレビ観戦されていたそうです。
息子の勇姿を生で見たかっただろうと思うと、ほんとうに申し訳ない気持ちでした。
f0121591_17201230.jpg

バックネットにしがみつき、『斎藤さ~ん!』と叫ぶ息子。
(佑ちゃんのユニフォームは、札幌で買ってきたものです)
試合後、楽しそうに電話でも話していました。

5年前の高校野球の決勝戦、佑ちゃんとマー君の投手戦を
こちらのテレビで観ていました。心に残る素晴らしい試合でしたよね!
あの時はこれから佑ちゃんと息子が5年間も友達として付き合っていくなんて
思いもしていませんでした。

佑ちゃんは意外と読書家で、本好きの息子と合うようで
本のこととか、流行の音楽とかも教えてもらっているようです。
これからお互い違う道に進んでいきますが、佑ちゃんにはずっと
一人っ子の息子が頼れるお兄さんでいていただけたら、と願っています。


アンティークショップなどの販売目的での、このブログの文章や写真の転載は
固くお断りさせていただきます。


ランキングに参加しています。 一日1クリックしていただけたらうれしいです。
いつも見ていただいてありがとう♪
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
[PR]
by kque-sera-sera | 2011-08-22 17:59 | アメリカンアンティーク

f0121591_13262857.jpg

アメリカンアンティークのミルクガラスをご紹介するのは、久しぶりですね~。
バラの模様が立体的に入ったボンボン入れです♪
アンティークショップなどでよく1000円から2000円位で見つかります。

フタ付きというところに惹かれるのでしょうか?
それともこのワイングラスのようなステムの長さに惹かれるのか?よくわかりませんが
こんなシェイプのボンボン入れを見かけると、いつも手に取ってしまいます。

f0121591_13375218.jpg

キャンディーや焼き菓子などを入れるのはもちろんですが、
私はよくマシュマロを入れます。
いつもマシュマロの袋を開けると、中途半端に余ってしまうことが多くて
入れてみたら、とってもいい雰囲気。
お姫様になった気分で、フタを取ってツマミ食いできるのです037.gif

ミルクガラスってカジュアルなイメージですが、白くて清潔感があって
とってもエレガントに使えるんですよ~☆

わが家のお庭も、白いバラがたくさん咲いています♪
f0121591_134969.jpg

ずっと奥までバラの道が続き。。。
f0121591_13512655.jpg

外へ出ると、甘酸っぱい香りに包まれます。。。
f0121591_13532941.jpg

今が満開です。
f0121591_13594020.jpg

まだ咲きかけのときは、うすいピンクベージュ色のバラが
満開になると真っ白になります。
今年もた~くさん咲いてくれてありがとう058.gif


アンティークショップなどの販売目的での、このブログの文章や写真の転載は
固くお断りさせていただきます。


ランキングに参加しています。 一日1クリックしていただけたらうれしいです。
いつも見ていただいてありがとう♪
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
[PR]
by kque-sera-sera | 2011-05-24 14:10 | アメリカンアンティーク

f0121591_15541551.jpg

ビー玉がたくさんくっついているような、キャンドルウィック。
1900年代中期に作られた、アメリカのエレガントガラスです。

”愛らしくてエレガント”
今回はそんなキャンドルウィックが伝えられたらいいな~、と思っています。

上の3つは、よく使うもの。
ケーキスタンドには、大きいケーキや小さいお菓子をのせてもいい感じに。

ツマミの部分が、とんがり帽子のようでかわいいお菓子入れ。
見ているだけで楽しいでしょ?

f0121591_1612440.jpg

これも仕切りの付いたお皿たち。
お菓子だけではなく、カットしたフルーツなんかを入れても素敵なんですよ。

私はいつもパイナップル、メロン、葡萄やイチゴといったパターンが多いかな?

f0121591_16144541.jpg

楕円のお皿には、マカロンを。。。
これ、握りずしや巻き寿司を並べると豪華に見えるんです072.gif

f0121591_16174431.jpg

大きなサラダボウルには、お庭のバラを浮かべて。。。

人が集まるときにはポップコーンをたくさん入れて、
下のボウルに落ちるくらいに入れると、みんなが喜びます024.gif

まだまだ使い方はいろいろあるけれど、シンプルででしゃばらない可愛さが
キャンドルウィックの魅力だと思っています。

f0121591_16243199.jpg

先日はブレントウッドにあるLa Provenceというティールーム063.gifに行ってきました。

ここは、フランスのかわいいカントリーアンティークがたくさん飾られていて
よく雑誌などでも紹介されています。
f0121591_16284215.jpg

このお店は、小さいハンバーガーくらいある、大きなマカロンが有名です。
コーヒーも美味しかったです049.gif

ランキングに参加しています。 一日1クリックしていただけたらうれしいです。
いつも見ていただいてありがとう♪
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
[PR]
by kque-sera-sera | 2010-11-01 06:30 | アメリカンアンティーク

f0121591_14115031.jpg

キャンドルウィック27㎝幅のケーキスタンドです♪ 
キャンドルウィックは50年近くも作られ続け、いろいろな種類がありますが
私は写真のような、大きなビー玉サイズが縁についている物が特に好きです♪
コロッとして可愛いんですよね〜

今回はケーキの代わりに、フランス製のリモージュボックスをのせてみました☆
この色違い(味違い?)のスフレ型のボックスも、ほのぼのとしていてお気に入りです♪

7月に入って、ブロ友さんたちが、私に夏を運んできてくれました♪
f0121591_14311690.jpg

京都にお住まいのブロ友さんからは、祇園祭の版画の暑中お見舞いを
そして、なおママさんからは、源吉兆庵の金魚の和菓子をいただきました。
まさに夏の風物詩ですね、ありがとうございました!
f0121591_14391712.jpg

さっそく、キャンドルウィックのキャンディディッシュを使って。。。
クラッシュアイスにレモン汁を少しかけて,その上に金魚のゼリーを乗せてみました。
冷たいゼリーを味わった後、もっと冷たい氷をパクッと!
二度おいしさを楽しめましたよ♪
夏の暑さは苦手なので、これからは食べ物だけが救いだわ〜!


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。 いつも見ていただいてありがとうございます♪
[PR]
by kque-sera-sera | 2009-07-25 15:08 | アメリカンアンティーク

f0121591_5572997.jpg

Kちゃんのリクエストで今回は久しぶりにキャンドルウィックを。

キャンドルウィックというと、カップ&ソーサーもかわいくて好きなのですが
私がお薦めなのは、小さいお皿、そして大きめの丸いボールが付いたもの。
コレがけっこうお役立ちなんです☆
いつも身に着けるジュエリーを入れてみたり、写真のようにちょっとしたデザート
お砂糖入れにもできるし、小さいキャンドルを置いてもかわいいし...

ハート型のほかに丸型もありますし、こんな色つきキャンドルウィックもあります。
f0121591_67219.jpg

ビーズで作ったムーミンを入れてちょっと遊んでみました♪(眉毛がいいでしょ?)
小学校の頃大好きだったムーミン。学校の図書館でいつも借りるのはムーミンシリーズ。
そして私の理想の男性像はスナフキン...夢がいっぱいの頃でした***

さて、先日R子ちゃんからいただいた物はオリーブオイル。
それもアメリカ カリフォルニア産!
オリーブオイルはイタリアとかギリシャ産じゃないとおいしくない、
そう思ってるのは私だけではないと思います。
f0121591_620334.jpg

コレはカリフォルニア産のオリーブの一番絞り。
漉していないのにこんなに透明できれいなのです。
収穫されたシーズンとボトリングされた日がラベルに記載されています。
それも日付がラベルに付くのはほんの一時期だけの限定品。
まるでワインのボージョ。。。ではないですか!

見た目はいいけど中身はね…というアメリカ製品とだぶって
まだまだ疑いの目で見ていた私にR子ちゃんが
”おいしいオリーブオイルってそのまま飲めるんですよ。
 私はご飯にかけてお醤油をちょっとたらして食べるのが大好きなんです"と。
その場でちょっと舐めてみると確かにフレッシュなグリーンの味。
そして帰宅後さっそく残りご飯でためしてみるとスッゴクおいしい!
次第に油の中にご飯が浮いている状態で食べている私。
オリーブオイル好きのかたにはお薦めいたします、オリーブオイルかけご飯☆

話は変わりますが、ハイスクールの野球部にいる息子が週末から
日米大学野球のお手伝いで、日本代表選手と一緒に合宿をします。
早稲田の斉藤投手とは1年ぶりの再会(彼は覚えてないと思いますが)です。
アメリカの代表選手もメジャーで一位指名確実な選手ばかりなので手ごわい相手です。

アメリカの大学に行くには最低でも200時間以上のボランティアが必要になります。
今回はいい機会をいただいて、本人にとっても大切な社会勉強です。
親としても大丈夫かと手を出したくなるのですが、ここはじっと我慢!
こちらにいると日本のニュースでしか情報を得られませんが
ベンチでボヤ~っとしている大きな男の子がいましたら
チクリ大歓迎ですのでお知らせください(笑)
私がすぐに息子に注意いたします。 
すべて自費なので(飛行機代だけで1000ドル!)
仕事キッチリ!してもらわないとね~!
[PR]
by kque-sera-sera | 2007-06-29 06:57 | アメリカンアンティーク

f0121591_1374824.jpg

キューピーは1909年にローズ オニールという女性イラストレーターが
アメリカの女性雑誌(今でいうクロワッサン?)の挿絵に描いた天使の絵で
主婦のハートをつかみ一躍人気者になりました。

コレはビスクドールといって陶磁器の人形です。
フランス人形の顔の部分と同じで、うわ薬をかけずに焼いた素焼きのようなものです。
ドイツ製1910年代のもので、おしりの部分にオニールのサインが刻まれています。

あのマヨネーズのQPちゃんの元祖ですね。アンティーク人形もいいけれど、オニールの
キューピーたちの絵はホントにかわいい!

おととい、あんまりお天気がいいので犬と一緒に車で5分の所にある
ウェイフェアチャペル(別名ガラスの教会)にお散歩に行ってきました。
f0121591_13451245.jpg

北欧スウェーデン人の始めたプロテスタント系の教会で、自然に溶け込むようにと
すべてガラスでできているそう。
古くは石坂浩二、最近ではヤクルト古田監督、吉田栄作が結婚式を挙げた所です。
f0121591_13562930.jpg

この教会の庭はドラマ"THE OC"のシーンでよく使われています。
景色もここからの眺めなんです。
前にある海では、去年までジョニーディップの’パイレーツオブカリビアン’の撮影が
行われていました。あの海賊船が海を渡っていてびっくりしました。
もしこのドラマや映画を見る機会がありましたら、私と犬がボヤ~っと座っている姿を
思い出してくださいね(笑)
[PR]
by kque-sera-sera | 2007-01-26 14:15 | アメリカンアンティーク

f0121591_16195380.jpg

この透明なビー玉の飾りのついたガラス容器をキャンドルウィックと知ったのは
ほんの何年か前でした。
なぜかというと、あまりにもあちこちにあったからなのです。
10年以上前、アメリカのアンティークショップに行くと
今流行のファイアーキングもそうですがゴロゴロしていていたし
値段も25セントとか2~3ドル位で売っていたので
私のアンティークコレクションの範ちゅう外だったのです。
それが今やなかなか姿を見なくなり
高級陶器並のお値段らしいのでビックリ!です。
写真の容器は10年間、綿棒入れとして使っています。


f0121591_16332270.jpg

キャンドルウィックは1930~80年代に作られた、インペリアル社製のものを指します。
上の写真はニセモノというか、アンカーホッキング社がまねて作ったもので
1940~60年代のものです。けっこう出回っているのですが
デザートを入れたりするのに便利で、6客ずつ持っています。


f0121591_16554118.jpg

朝晩冷えてとても寒いので、キッチンに立つのがつらいなぁ~と思っていたら
セールのセールでムートン毛皮のルームシューズを見つけました♪
税込みで1500円くらい。とっても暖かいです。
これで靴下三枚重ねから卒業できます!
[PR]
by kque-sera-sera | 2007-01-23 17:13 | アメリカンアンティーク