カテゴリ:スポード( 2 )

f0121591_15265673.jpg

スポードのビリングスレイローズというティーカップとケーキ皿のトリオです053.gif
1892年にイギリス・スポード社でデザインされ
イギリスのバラとレース模様のロマンティックなデザイン、オフホワイトの地肌が
長い間女性の心を魅了してきました。

f0121591_15385659.jpg

このカップは50年以上前に作られたもので、私より年上の女性?ですが
美しさはそのまま、うらやましい限りです。。。
その上、レースのような細かいエンボス模様が、レース好きの私にはたまりません~

f0121591_15471816.jpg

ずっと以前に2客のティーカップを揃えていたのですが、
昨日のアンティークマーケットで、デッドストックのこの6客トリオが75ドル(約5千円)
と、とっても魅力的なお値段だったので連れて帰ってきてしまいました。

日本から来た友達が、日本のアンティークのネットショップで
3万近くで買ったロイヤルドルトンのカップやハマースレイやリモージュが
こちらでは2千円位で売っているのを見て、とてもショックを受けてたっけ。。。
欧米では芸術品でない限りは、もっとアンティークはカジュアル感覚なんです。
だから毎週あちこちでアンティークマーケットが開かれ
たくさんのお客さんで賑わっているのです。

先週末は、お母さまの最後に使われたアンティークのカップを大切にしているという
フジコヘミングのピアノコンサートに行ってきました060.gif
f0121591_16254356.jpg

ロサンゼルスのダウンタウンにあるウォルトディズニーのミュージックホールです。
ディズニー家から100億円ほどの寄付を受け作られたものです。
(実際はもっとお金がかかってしまい、トヨタがかなりの金額を寄付したそうです)
このホールの道を挟んだ反対側に、今回のコンサート会場の
コルバーン音楽学校があります。
f0121591_16323632.jpg

左側の茶色の建物の一角です。
手前の低い建物が地下へ続くコンサートホールとなっています。
f0121591_1637119.jpg

こちらは、コルバーン音楽学校の寮やカフェテリアになります。
ここはアメリカでもトップクラスの音楽学校で500人ほどの生徒がいるそうです。
入学が許可されると、生徒は授業料、寮費、食費、すべて無料となり
音楽の勉強に集中できるようになっています。
コルバーンさんの遺産で設立され、それに賛同する人の寄付で運営されています。
アメリカのお金持ちの中には半端じゃないお金を残し、それを
次の世代の才能を伸ばしていくことに使うという、立派な事をする人も多いのです。

f0121591_1655981.jpg

フジコヘミングさんもその中の一人。
今回は日本の震災のためのチャリティーコンサートで全米を回っていらっしゃいます。

今回は最前列の真ん中、こんな位置でフジコさんの演奏を見ることができました。
楽譜も見ず、ほとんど目をつぶったままピアノを弾くのですが
妖精が踊っているかのような軽やかな指の動きに目が吸い込まれてしまいました。
特に私の大好きなショパンの”別れの曲”は心打たれました。。。
あのピアノの音は、誰も出せないような神がかっているような音だと思います。

コンサート後、主人が私へのバースデー祝いだといって
知り合いのスポンサーの方に頼んで、フジコさんに会わせてくれたのです!!!
f0121591_1792051.jpg

マネージャーの女性が話をすると、いいですよ、というフジコさんの声が聞こえ
控え室にいくと、ドアのところにあのフジコさんが立っていてくださっていました!


どうぞ~、と中へ入れていただき、今日のコンサートでいかに感動したか
しどろもどろな私の話を聞いてくれて(ここは私だけの秘密にしたいので)。
彼女はまるで少女のようなんです!
目をキラキラさせながら話をしてくれるのです。
そのあと、フジコさんの絵のリトグラフを持っていたら
そこに、カタカナのほうがいいわね、とフジコとサインをしてくれました。
f0121591_17163142.jpg

そして、急に口を近づけて、キスマークまで付けてくださったのです010.gif
半分気絶状態の私に、こんどはフジコさんのほうから手を出してくださって
しっかりと握手まで。。。
長い間苦労なさった人なので、人が喜ぶことを苦も無くしてくださるのです。
フジコさんの人間性がそのままあのピアノの音に出ているのだと
改めて感じた瞬間でした。。。
フジコさん、スポンサーの皆様、主人に感謝感謝です058.gif


ネットアンティークショップなどの販売目的での、このブログの文章や写真の転載は
固くお断りさせていただきます。


ランキングに参加しています。 一日1クリックしていただけたらうれしいです。
いつも見ていただいてありがとう♪
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
[PR]
by kque-sera-sera | 2011-09-20 17:41 | スポード

f0121591_13594520.jpg

イギリスアンティークのブルー&ホワイトのバター&チーズディッシュです。
このドーム型の器の中に、バターやチーズを入れてテーブルに出します。

先日友達に、洋食器を何かに絞って揃えていきたいのだけれど。。。と相談を受け
迷わずこのブルー&ホワイトをおススメしました。

ブルー&ホワイトといっても、濃かったり薄かったり紫がかっていたりと
たくさんのチョイスがありますし、柄も風景とかお花とかイロイロです。
でもなぜか柄違いでもしっくりとまとまりますし、どんな色とも合います。
もちろん和食器やガラス類とも相性が良いですし、朱色の漆なんかと合わせても
とっても素敵なんですよ~♪

f0121591_14192064.jpg

以前紹介した、スポードのアンティークのバター&チーズディッシュです。
バターやチーズの表面が蒸れて水滴など付かないように、
受け皿のほうに穴があけてあるのが見えますか?

食器好きの人が最後に行き着くのは、やっぱりこのイギリスの
ブルー&ホワイトではないかと、私は密かに思っています。。。
ピンク色ともすごく合うので、上品プラス可愛さも演出できるんですよ!

f0121591_14355159.jpg

こちらではテレビジャパンという衛星放送があって、NHKのニュースや番組などが
ほとんどライブで放送されているので、観てはとても悲しい気持ちでいます。

去年主人の母が亡くなったので、もうお話してもいいかな、
と思うので書かせていただきますが、
主人の両親は神戸に住んでいて、地震にあいました。
幸いケガなどはなかったのですが、先祖代々住んでいた家を、
震災にあった何人かの親戚のために売ることになってしまいました。


私たちも30を過ぎたばかりで、子供も小さく大変でしたが
私たちが親を支えるしかなかったし、若かったからできたのかもしれません。
主人の両親を見ていて思いましたが、年をとって生活を変えるというのは
とてもつらいことなのです。

私たちのように震災に直接あうのではなく、
2次的に負担を負わなければならない人たちがこれからたくさん出てくると思うと、
本当に心が痛みます。

今言えるのは、震災を免れた私たちは目の前の仕事をこなし協力して、
家族なり社会なりに還元していくことだと思うのです。
長い道のりですが、経済が活発化することが復興への一番の近道なのです。

でも悪いことばかりではない、
家族が何とか健康で過ごすこともできたし、
私も今ではアンティークなんか眺めたり、ゴルフしたりできる。
それは今までやってきた事へのご褒美だと思っているのです。


アンティークショップなどの販売目的での、このブログの文章や写真の転載は
固くお断りさせていただきます。


ランキングに参加しています。 一日1クリックしていただけたらうれしいです。
いつも見ていただいてありがとう♪
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
[PR]
by kque-sera-sera | 2011-04-01 15:36 | スポード