カテゴリ:トワルドジュイ( 1 )

f0121591_12434083.jpg

古~いトワルドジュイ柄のカーテンです♪
アメリカではもっと簡単に”トワル柄”と呼びます。
フレンチスタイルのインテリアには欠かせないファブリックで
どこの生地屋さんにも、人物や天使、風景など、色とりどりの生地が並んでいます。

初めてのアメリカの駐在地、サンフランシスコ郊外のパロアルト市に住んでいた頃
家の目の前にあったスタンフォード大学で行われたバザールで手に入れたものです。

パロアルトはあのアップル社のスティーブジョブス氏が住んでいた所でもあり
最後に友人と食事をしたというお寿司屋さんのモールにも、
私も1~3歳をすごした息子を連れて、よく買い物に行っていました。
(そんな私もまだ20代でした。。。)

とにかく風景が美しく、そして近代化も進んでいるという素敵な街。
いまだに懐かしくて、4~5年前には住んでいた街を見る為だけに
ワンコを連れて旅行に行ったこともあるくらいです。

パソコンも音楽も携帯も、そしてこのブログも楽しめるのは
彼のおかげだと感謝しています。 ご冥福をお祈りいたします。。。

f0121591_13104787.jpg

このトワルの生地は、一般的にいわれてる柄とは少し違って
生地に厚みと織りが入っていること、そして多色使いになっています。
優しいお母さんと息子、ほのぼのとした田園風景が心和みます。。。

このカーテンの持ち主のかたは、フランス人のおしゃれなご夫婦で
フランスのご実家(お城)からこのカーテンをもってこられたそうです。

f0121591_13202890.jpg

このトワル柄のカーテンには、ピンクのシルクの裏打ちがしてあり
重厚感があります。
それに合わせたマットゴールドのベルベットのカーテンがペアになっています。
各2枚ずつ4枚あり、 長さも3メートル近くあるのです。
いったいどんなお城に飾られていたのか、見てみたい~emoticon-0104-surprised.gif

あのマリーアントワネットもこのトワル柄の大ファンだったとか。

先月、お友達のKさんとアンティーク巡りの後、フランスのお店に行ってきました。
f0121591_13393463.jpg

奥の棚には、フランスのさまざまなブランドの紅茶が揃っています。

f0121591_13414987.jpg

カード類も充実。

f0121591_13433215.jpg

フレグランスや化粧品、別室にジュエリーコーナー。
ミニミニのケーキスタンドはキャンドル用。 可愛い!
他に子供用の服やバッグ類。
そして奥には、素敵なティーサロンが。。。いつも美しいマダム達が集まっています。
今回は時間がなくてお茶できなかったのですが、

f0121591_13485211.jpg

ディスプレイの可愛さに惹かれて。。。
f0121591_13512599.jpg

ビクトリアンなキャンディーや大好きなアニスを購入。

f0121591_13544627.jpg

これは、カップケーキやカットした小さなケーキ用のキャンドルピック。
バースデー用にもよさそうです
f0121591_13582222.jpg

こちらはティーストレーナー。 紙製のパックを吊り下げるところがフランス式?
コーヒーにも使えるし、ティーポット用にに使ってもいいし。。。

f0121591_1435861.jpg

一番のお気に入りがこのティートレイ。
自分用のカップとケーキ皿をのせてお茶してます。

アメリカは多国籍の国なので、他にもドイツ村やイギリス村、イタリア、北欧。。。など
いろんな国の雰囲気を楽しめる所があちこちにあるのが魅力です。
私が一番利用するのがドイツ村。
刺繍店や薬局、シュタイフやレース、アンティークショップなどあるけれど、
なんといっても本場のソーセージの種類が豊富なマーケットが好きemoticon-0152-heart.gif
やっぱり食べ物で優先順位が決まりますねemoticon-0159-music.gif


ネットアンティークショップなどの販売目的での、このブログの文章や写真の転載は
固くお断りさせていただきます。


ランキングに参加しています。 一日1クリックしていただけたらうれしいです。
いつも見ていただいてありがとう♪
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村
[PR]
by kque-sera-sera | 2011-10-23 14:29 | トワルドジュイ